フックアップ率UP #2

フックを考える

 以前の情報になりますが、2003年の関西圏で開かれたカジキ釣りトーナメントの4大会で計48尾のカジキ類が釣れ、確認分だけでもその3分の1にあたる16尾がトップガンルアーで釣れました。それは嘘のような高確率でその翌年2004年は昨シーズンのようにな高成績は出ないものと予想しておりました。結果はというと5大会で計35尾中20尾(57%)という信じられない確率となりました。これはトップガンルアーが天候やスピードの違いがあっても対応幅が広く、多くのアングラーに曳きやすいルアーであると同時に、トップガンの特徴である急激にキビスを返すような動きが、ただただテイリング(ルアーの後方についてきている)して、様子を伺っているカジキにもリアクションバイト(反射的に飛びつかせる)を起こさせる効果が強いのでしょう。また、このような好成果が現実のものとなったのは、「TOPGUN GI」モデルの提案者でカジキ釣りの普及に努められて来られたマリンプレゼンツの森藤氏の貢献が甚大です。

 上記の要素に合わせ、このような好成績に繋がったのは当方がセットさせて頂いたフックリグにも好成績の理由があったものと思われます。

針先を研ぐ

 ルアーにフックをセッティングする前には必ずフックシャープナーで仕上げてます。

 トップガンフィッシングでルアーにセットするフックは、現在は当社特別依頼の日本製ステンレスフックです。トーナメンターやリーダーリングに精通したエキスパートの方には#9/0、および#10/0を、ご経験が浅い方やパワーファイトをされる方には#10/0、および#11/0をお勧めしております。パッケージから出したままのフックでは針先にバリが残り、より精度の高いフッキングは望めません。そこでまず、中目のシャープナーでバリを取り、大まかに針先を研いだ後、極細目のシャープナーで仕上げています。また、近年は針先の研ぎ方にも工夫し、独自も形状にして、より高いフックアップ率を実現しています。

 是非、皆さんもルアーを流す前には針先をチェックして下さい。これはどんな釣にも共通する非常に大切なポイントだと痛感しております。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

針先の違い(マスタッド社製7732SS)

上) 2世代前の針先(当方で手研ぎ)。カエシまでが太目。

中) 1世代前の製品でバリが残っていた物も多かった。

下) 最新モデルで殆どバリがなくフックが均一な仕上がりになっています。

何故、ギャフリグか?

 ギャフリグ(トップガンフィッシング社製スティッフリグ)はどんな理由で高フックアップ率を実現するのか?

下の写真はそんな疑問を持ったときに実験したものです。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
左がアイを固定しないフリースイングリグ、右がギャフリグ。
角度

ダンボールに吊り下げた時の2種類のシングルフックの針先の立角度の差に注目!

フックアップはどちらが有利か容易に想像できます!ヨネッ?

 ベクトルが針先の方向と異なるフリースイングリグ(左)は、ギャフリグ(右)とではカエシ手前針先から5mmまでの貫通に必要な力では顕著な差がでました。

 また、#1で紹介したスティンガーシステムのようにツナフックを使用した場合でも、フリースイングリグと比べるとスティッフ(固定)リグの方は、引張る力がダイレクトに針先に伝わる感覚を手元に感じることができました。

フックアップに必要なドラッグ値

さて、どれくらいの力が掛かればフックアップするのでしょうか?

 私も残念ながら実際のカジキでは今だ確認していません。来シーズンは是非カジキのいろんな箇所にドラッグテスターと共にフックを掛けまくり調べようと思っています。(実験台のカジキには申し訳ないことに傷だらけになってもらわざるを得ませんが)

簡単な実験をしました。多少の参考になれば幸いです。

 フリースイングリグとギャフリグでダンボールを通すのに必要な力をドラッグテスターで計りました。予想に反し、真ん中の写真のようにダンボールを貫通するのに必要だった力はどちらも約2kg弱でした。これは返しの部分が入るまで引っ張った場合での値です。しかし違いが明確に現れたのは針先が入り込み始めるタイミングです。ギャフリグの針先は遥かに早期から(少ない力で)ダンボールの中に入り始めました。ここに高フックアップ率を誇る所以があると確信します。

 トップガンフィッシングでは以上、紹介させて頂いたギャフリグをはじめ、システムに必要なフック、ワイヤー、スリーブ、熱収縮チューブ、ダイアモンドフックシャープナーなど全て実戦に即した最高の道具たちをご用意しております。また、皆様のお持ちのルアーのメンテナンス{ギャフリグ仕様に変更、リーダーやスカート交換、好成績を実現するユニークなスモークテールスカートへの変更など}できます。泳ぎの良くないものやスカートカラーがお気に召さないルアーをヒットルアーに変身させてみませんか?生を謳歌するためには万全の準備とテクニック向上の精進も必要です。最高レベルのアイテムにご興味ある方はお気軽にお尋ね下さい。

info@topgun-fishing.com 

注)メールソフトによってエラーになるようですが、通常は届いております。

進化系GAFリグを Web Shop “La Grande” でご紹介しております。